# Docker コマンド備忘録

# イメージビルド

# --no-cache 構築時にイメージのキャッシュを使わない
# --pull 常に新しいバージョンのイメージ取得を試みる
# --force-rm 常に中間コンテナを削除
docker-compose build

# イメージ一覧

docker images

# イメージ削除

docker rmi <イメージ名>

# タグなしのイメージをすべて削除する
docker images -qf dangling=true | xargs docker rmi

# ビルドキャッシュ削除

# --force , -f
docker builder prune -f

# コンテナ作成・起動

# -d バックグラウンド実行
docker-compose up -d

# コンテナ一覧

# -a 全コンテナ表示(デフォルトは起動しているコンテナのみ)
docker ps -a

# コンテナ起動

# 再起動も出来る
docker-compose start
# docker-compose restart

# コンテナ停止

# 削除しません
docker-compose stop

# コンテナ削除

# -v ボリューム削除
docker-compose down

# 起動していないコンテナの削除
docker ps -aqf status=exited | xargs docker rm

# コンテナログ確認

# -f 表示しつづける
# -t タイムスタンプの表示
docker-compose logs

# コンテナ接続

# コンテナ名、コマンドは docker ps -a で確認出来る
docker exec -it <コンテナ名> <コマンド>
# 例 docker exec -it -e COLUMNS=200 -e LINES=50 ubuntu_bash bash

# ボリューム確認

docker volume ls

# ボリューム削除

docker volume rm <ボリューム名>

# リンク切れ削除
docker volume ls -qf dangling=true | xargs docker volume rm

# ステータス表示

docker stats --format "table {{.ID}}\t{{.Name}}\t{{.CPUPerc}}\t{{.MemUsage}}\t{{.BlockIO}}"
Last Updated: 6/12/2021, 5:19:21 AM